初めまして

初めまして。理科二類、一年の安田彩夏です。よろしくお願いします。出身は愛知県の一宮高校で、予備校での1年を経てここにいます。高校では、体操部に入っていたので経験歴は短いですが、経験者です。私が体操部に入るまでの経緯を書かせていただきます。
私が体操と出会ったのは高校のときです。部活見学のとき床の練習を見て、中学のときまでやっていたバレエに似てて楽しそうと思いました。また、人が多いのが嫌いだったので少人数でいいなと思って体操部に入ることにしました。私の高校はいつも床から入っていたので、途中で帰っていた私は器具の存在を知らず、大会で初めて器具を見て驚いたことを覚えています。そんなに体操のことを何も知らないまま体操部に入った私でしたが、一緒に頑張ってくれる仲間に恵まれ、練習してあこがれだった技ができるようになるのが楽しくて体操が大好きになりました。
引退後も体操を続けたいと思っていました。私は家で大人しくできる趣味をもたないつまらない人間なので、浪人期間は東大体操部の新歓PVや部員紹介を見て楽しんでいました。大学で部活をやるのはきついかなーとは思いましたが、バク転講習会で先輩方に優しく教えていただき、とても楽しくて、雰囲気もよく、すぐに入部宣言をしました。
福田コーチ、先輩方、OB.OGさんにアドバイスをいただける環境で練習できて、毎日とても充実して楽しいです。ありがとうございます。今週の土曜日は試技会です。頑張ります。
慣れないブログで読みにくかったと思いますが、読んでいただきありがとうございました。

飛びたい

初めまして。一年の村田玲子です。玲子と書いてりょうこと読みます。科類は文科三類で、都立小石川中等出身です。中高では英語研究会に入っていて、根っからの運動嫌いでした。体操経験は幼稚園にも入る前の小さい頃に地域の体操クラブに通っていましたが、記憶もないので実質経験ゼロです。

私は小学校5年生からなぎなたをしていたので、大学ではなぎなたのサークルに入りたいと考えていました。ですが、なぎなたサークルのある大学は非常に珍しいようで、学力や距離を考えると千葉大学しかありませんでした。そこで、一度オープンキャンパスに行ってみたのですが、なぎなたサークルの演舞には間に合わず、思っていたよりも遠かったので千葉大学に行くのはやめました。

そのまま合格発表の日になり本郷に行ったところ、航空部のチラシをもらいました。私はもともと高いところが大好きでしたし、受験期になぜかふと「将来はパイロットになる!」と決意していたので、航空部に入ろうと思いました。テント列やサーオリでもお話を伺い、体験搭乗会にも参加しました。かなりの速さで離陸しとても楽しかったのですが、月に一回しか飛べないと知り、またどうせなら風を感じたいと思ったので、次にハンググライダーサークルの浮遊体験に参加しました。こちらも飛んでる感じがして楽しかったのですが、冬場は非常に寒いと聞いてためらいました。

体操部に出会ったのはサーオリの日でした。一号館から出た所で確か奈良さんだったと思うのですが、体操部の先輩と思いっきり目が合い、軽い気持ちでトランポリンだけやりについて行きました。そこでさちこさんとくれあさんに優しく教えて頂き、いつの間にか平均台や前宙の練習もして長居していました。いい先輩方だなぁと思い、その後もたまに誘われたときに何度か遊びに行きました。体操部に入ろうと決めたきっかけは部活の雰囲気とどなたかの「体操なら自力で空を飛べるよ!」という言葉でした。航空とハンググライダーで迷っている時にその言葉を聞き、その手があったかと思い入部を決めました。

というわけで、私の体操での目標は空を飛べるようになる事です。小学生の頃からの長年の運動不足が祟り、体がすごく固く、筋力不足で今は悩んでいますが、いつか華麗にピョンピョン、クルクルできるように頑張って行きます。まだまだ未熟ですが、先輩方、福田コーチ、OB・OGさん方、これからもご指導の程よろしくお願いします。

はじめまして

どうも初めまして。東京大学文科2類の薗田樹です。ブログの更新が遅くなってしまい申し訳ありません。
僕は体操を中学1年生の頃から始めました。残念ながら、中学2年生の時に手首をけがしてしまったこと、生徒会を始めたことなどにより、体操選手としてではなく、部員の補助をしたり、器具の修繕をしたり等、自分が演技するのではなく、部の仲間たちがよりよい環境で体操ができるようにアシストする立場として体操に関わってきました。東大体操部でもその経験を生かして、トレ体に新しい風を吹かせたいと思っています。
正直に言うと大学に入ってから体操を続けるつもりは全くありませんでした。では、なぜ入ったのか?答えはTwitterでもつぶやかれましたが、「下田さんの人柄」です。テント列の時にいろんな運動会の部活につかまりましたが、どの部活の人も口をそろえて「下田はいいやつ」と言っていました。それがすごく驚いて、実際に会ってみたらほんとにいい人で、テント列二日目から僕は東大体操部のジャージを着て一年生なのに一年生の勧誘を行っていました。バク転講習会では一年生に先輩と勘違いされて、「薗田先輩」と呼ばれていました。(ちなみに、昨日のダウンの時に慎吾に「下田さんがクソ人間だったら体操部入ってなかったわ」って言ったら、かおりさんが嬉しそうに「下田クソ人間、下田クソ人間」って呟いていたのが、事実が捻じ曲げられて伝わっていないかちょっと恐怖です。)
さて、最近よく考える体操に関するトピックです。東京五輪に向けて体操のルールが大幅に変わりました。一番大きな変化としては床から側方系が消えたことです。賛否両論様々な意見がありますが、僕としては非常に残念な印象です。理由はたくさんありますが、まず一番に、側方系の技は技として美しいということです。基本的に両足をそろえることが求められる体操において、あんなにも大胆に足を開いて回転する様子は、フロアに花が咲いたような華やかさを映し出してくれます。また、前方系、後方系は多くの技が開発され、成熟した印象がありますが(どうも、白井さんが新しい世界を見せて下さりそうですが・・・)側方系にはまだまだ開発の余地があり、これから新しい体操の可能性を見出すことができるグループであったと信じています。現在の体操の発展のために、グループを削ることも確かに大事かもしれませんが、それは新しい体操の可能性を潰すことにもなる、という事実を忘れずに体操を続けていきたいですね。まあ、それにしても、だいぶ強引な形であれロウ・ユン(側方二回宙返り3/4回ひねり)が生き残ったことは不幸中の幸いであったな、と思います。
先週足を怪我しました。そもそも手首が悪い僕が今できることは、しめ、しめ、そしてしめです。そのため、練習時間中ある程度時間に余裕があります。優秀なマネージャーも入ってくれたことですし、怪我の治療中はどんどん器具直して、作って、もっともっといい体操場にしていきたいと思います。最後に、中高時代僕に体操を教えてくださったラ・サールの小川先生がよくおっしゃっていた一言を!
「体操場は宝の山だ」
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM