初心

こんにちは。二年の平林です。部員日記を書かせていただきます。
GWも終わり、東京大学駒場キャンパスの中に新歓の声が響かなくなりました。

最近は新入生がよくトレタイに遊びに来てくれるので、この新歓が終わった時期に来てくれるということは結構入るのかなぁ、という気持ちで練習しています。最終的にだれが入るのかは分からないので、どんな子だとかは新歓コンパを楽しみにしていてください。

今回のブログは新入生も読んでいるかもしれないので、精神的な部分について触れようと思います。
昨年の12月、ちょうどクリスマス会や忘年会がある時期に、自分は体操における成長期が止まり、練習に対してとてもモチベーションが低くなっていました。それまでは初心者特有の成長曲線に乗り、新技などとても楽しく取り組めていたのが、成長を感じなくなった途端にやる気が失われたのは、実は予期していたのですが、避けるすべもなく、練習がとてもつまらなくなってしまいました。
そんな時に山下さん(2014年入部、2018年追いコン)に相談したところ、とてもあたたかみのある助言をいただきました。

曰く、「体操は今していること自体が楽しい。新しいことが出来なくても、今当たり前にできることがとても楽しい。」

考えてみればロンダートからの後方宙返りや、鞍馬の旋回、吊り輪の逆上がり、跳馬の転回、平行棒の倒立、鉄棒の順手車輪、段違い平行棒の蹴上がり、平均台のジャンプなど、体操をしていなければ一切かかわることのない動作です。だからこそ習得に時間がかかるわけですが…
兎にも角にも、自分たちが当たり前のように行っていることは、とても特殊で、体と対話する必要があるものです。初めての技に取りくむ時、新しい感覚が楽しく感じますが、普段している技も楽しんでいた感覚があったのです
山下さんの助言を噛み締めて、次の練習に向かったところ、素晴らしく明るい気分で練習をすることが出来ました。その日は基礎、というか、取り組んでいた捻りをやめて、ひたすら伸身宙返りを楽しめました。とても心に余裕ができ、いい精神状態だったと思います。

最近、できていた技が出来なくなったりして、少しだけモチベーションが下がっているので、また体操ができることに楽しみがあることを確認しようと思います。

体操を初めて随分経ち、そろそろ言い訳もできなくなってきました。

二年 平林

グループ予選

こんにちは。2年の豊島です。
前回のブログで東に向けて書いてくれましたが、グループ予選の詳細についてまだ書いていないようなので、振り返っていきたいと思います。順番間違えてるよな…
前日の競技が終わった段階で通過自体は問題ないだろうという中で、全カレに向けて3位以内で通過できるかどうか、というところが勝負でした。
団体メンバーは、4年の梅山さん、下田さん、3年の奈良さん、和毅さん、2年の菊池、豊島で、チムリは女子の競技と時間が重なっていたこともあり、3年の高田さんがしてくださいました。
以下、演技中の頼りない記憶とミーティングをもとに演技順に振り返ります。

まずは跳馬。梅山さんは無難に転回。奈良さん、下田さんのツカハラでお手つき、和毅さんの転回前宙で尻もち、と着地が乱れる。菊池のツカハラが伸身認定、わーい\(^o^)/。豊島はいつも通りの伸身ツカハラ。

次は平行棒。下田さんはハーフスイング入りの構成。次は豊島、なぜか本番だけは通る笑。和毅さんはカットを多用した構成。奈良さんはダブルスイングがもったいない。菊池は多少ミスはあるものの綺麗な演技。梅山さんは怪我もあり、全員が一応通ったので棄権。

3種目目、鉄棒。下田さんはエンドーは良くなってきたもののそのあと落下。梅山さんは下りで抱え込んでしまい足が抜ける。無事で良かった…。和毅さんは下りの前に予定落下してダブルを回すも着地で足を痛める。お大事にしてください。安定してきた2人、奈良さんと菊池は予定通り通し切る。最後の豊島は、直前まで調整したダブルで無事に立つ。

4種目目、床。梅山さんは充実した中技をきっちり決める。奈良さんは、跳馬で足を痛めてた?らしいが無難に通す。下田さん、和毅さんと転倒が続く。豊島はドッペルを抜いて安定の構成。最後の菊池、前方2回ひねりも着地をまとめる。

5種目目、あん馬。梅山さんは落下込みの構成を無難に通す。菊池は、予定落下の後、あん馬との相性がよくなかったのか再度落下する。このあとは、下田さん、和毅さん、奈良さん、豊島と落下なく通し切る。

最終種目、つり輪。肩を痛めている菊池、豊島と振動力技のない構成を無難にまとめる。下田さん、奈良さん、和毅さんと肘曲り等はあるものの大きなミスなく通し切る。最後は怪我を押して出場の梅山さん、さすがの実施。

ミスも所々ありましたが、無事にグループ予選を通過することができました。3位ということで想定外でしたがメダルと賞状も頂きました。
遠いにも関わらずたくさんのOBさんにきて頂きました。応援ありがとうございました!

さて、グループ予選から3週間が経ち、東日本インカレまで3週間、ちょうど折り返しです。治せるところは治して、修正するところは修正して、全カレに向けて頑張っていきましょう!

2年 豊島

東へ向けて。

こんばんは。2年の菊池裕斗です。
トレタイで寒さに凍えていたのが懐かしく感じられるほど、気づけば暖かくなりましたね。体がよく動くようになって嬉しく感じている部員も多いのではないでしょうか。

さて、今自分も含め男子団体メンバーは今月末の試合に向けて、二本通しをしています。体力的にもかなりハードなもので、普段の練習に比べて、練習量、筋肉の使用量?が格段に増えます。その分充実した良い練習ができているのですね。
ですので、トレタイの中はかなり試合前の緊張感が感じられる雰囲気になっています。

自分は最近、東大体操部、特に団体メンバーの一体感を練習中すごく感じています。これは自分が体操を好く理由の一つでもありますし、普段の練習ではなかなか味わうことができないことでもあります。
メンバーは同じ目標を掲げて努力する仲間です。(普段の練習ではここまでベクトルがそろうことは珍しいというか、ないと思います。)仲間が通すときは必ずその演技をみて、応援し、改善点などが思いつく場合は軽く助言をしあいます。仲間の様子をきにかけ、お互いに動画をとりあい、相手にとって参考になるであろう動画をラインで送ったりもしています。。文章に起こすと、このようなことがどれだけ最高なことか、気づかされます。恵まれた環境だと感じます。
各種目二本通すというハードなメニューをこなすことができるのは、仲間の存在があってのことだと思います。ガンバの声が全くない、静まり返った環境の中で同じことをする、ということを考えられますか?(笑)
決して、団体を組める、その中で充実した練習ができるということは当たり前のことではないと思うのです。人数が足りなくて団体を組めないところだってあります。団体メンバーに選ばれることだって当たり前ではありません。だから、試合までの残り三週間はこれらのことを忘れないで、できることをやっていく以外に道はないと思います。

普段やらないことをやり始めたばかりであるため、体の不調を訴える人が多くいます。痛めたり壊したりは本人が一番悔しいことですし、団体としても避けたいことです。無理をしないで体と相談しながら練習しましょう。

くさくて偉そうなことばかりになってしまいすみません。。

通しの際、採点をしてくださった方々、いつもアドバイスをしてくれる方々にこの場を借りてお礼申し上げます。
これからもよろしくお願いします。

二年 菊池裕斗
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM