<< 寒くて眠い | main | あしたはしあい。 >>

もうすぐしもつき

こんにちは、2年小川です。更新滞ってごめんなさい。特に書くことがないんですけど近況報告です。

最近はOBOG戦、慶應チェック、それからいよいよ霜月杯がやってくるということで毎週末試合です。そのおかけで個々の技もそうですが技の繋がりとか演技のまとまりなどを少し意識して練習しています。実際には技の完成度がまだまだだったり膝つま先着地などでガンガン減点されてしまって修正しなきゃいけないところも多いですが、試合に慣れてきてほどよい緊張感で臨めるようになったのは大きいです。
部員数的に一年生もガンガン試合に放り込まれて演技しなきゃいけないので大変そうですが普段から通しをしたり本番でも堂々としている姿が立派だと思います。

試合は自分が今できることをやるだけなのである意味気楽というか割り切ってできるのでいいですが、最近技練はあんまり進歩がなくて苦しいです。自分くらいのレベルならどんどん技増やして幅広げていきたいところですが、新しい技に対する恐怖感に邪魔されてる感じが結構あります。鉄棒の移行とか、狂ったまま放置してる平行棒の宙降りとか、あとは鞍馬の旋回も結構チキって自分で止めてしまっているところがあって進歩がほぼないです。

移行は床にバー置いてやるとまあまあできるんですが、鉄棒で逆車からやるとなると顎上がって肩角度を閉じながらやってしまうので体がかなり腹側に倒れながらバーを越すみたいな動きになってしまってよくないです。そもそも逆車で倒立位行く時に肩腰足の順ではめにいくのではなく足先から反って上がってしまっていたので最近は逆車の質を改善しようとしています。
あと鉄棒のとびこしも普段の練習だと結構怖くてできないのが自分でも結構謎です。試合などやらなきゃいけない場面では気合いでできるのですが、普段練習が積めてない分完成度はいつまでたっても低いままです。

あまり怖いとか感じずにゲーム感覚で新技をどんどんできる選手がいる一方、身体的にはできるはずのことを怖がっていつまでも足踏みしてる自分がいるのが情けないというか、先に進まなきゃいけないのにいざ技やるときはチキってしまうの繰り返しで、一年生はどんどん成長するし、レベルの高い選手になるほど技術をあげていくのが大変なはずなのに慎吾とかちかしとか少しずつ成長していくし、焦りだけ増幅する日々です。まああんま人と比べてネガティブになるの良くないですけど。

移行とか宙降りとか、いずれにせよできなきゃいけない技なのでじっくりむきあって慣れていくしかないんですかね。
とりあえず霜月杯頑張りたいと思います。
あと駒場祭直前で優奈ちゃんが死んでしまうと思うので優しくしてあげて下さい。

寒くなってくると思うので風邪にお気をつけください皆さま。自分のことしか書いてないし短いけど終わります。
二年小川
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM