<< 前宙の話 | main | 新入生の自己紹介スタートです >>

持久力の必要性

こんにちは。3年の平林です。授業でまた面白い話を聞いたので備忘録も兼ねて共有をしようと思いました。

今日は身体のエネルギー供給系の話をメインにしたいと思います。
エネルギー供給系
身体のエネルギー供給系には以下の3つがあります。
(1)ATP-CP系:クレアチンリン酸の分解
(2)解糖系:グリコーゲン、グルコースの分解
(3)酸化系:脂肪酸、グリコーゲン、グルコースなどの有酸素的分解
それぞれについてもう少し話しましょう。

(1)ATP-CP系
クレアチンリン酸というATPのように高い結合エネルギーをもつ物質を分解して、ADPからATPを再合成します。この系は3つの中で最も早くATPを供給することができる反面、筋内の含有量が大きくなく、およそ7秒でクレアチンリン酸を使い切ってしまいます。

(2)解糖系
グリコーゲンやグルコースなどの糖をピルビン酸という物質に分解して得たエネルギーでATPを再合成します。速筋の活動時の重要なエネルギー源となっており、ラストスパートなど酸化系でのATP供給の速度を超えた場合にも重要になってきます。およそ33秒稼働できます。
ピルビン酸を合成するのに複雑な反応があり、(1)に比べて時間がかかってしまいます。ちなみにピルビン酸はその後乳酸に変換されます。

(3)酸化系
ピルビン酸を脂肪酸、酸素を利用して反応させて水と二酸化炭素を作ります。この過程が長く、3つの中で最も時間がかかってしまいます。

(2)、(3)の供給系によって乳酸が生み出されます。しかし実は乳酸はある酵素の力によってふたたびピルビン酸に戻ることができます。ピルビン酸に戻ると(3)の系に利用することができるので、乳酸が疲労物質ではなく、エネルギー物質だと最近言われている理由です。
しかし、乳酸がピルビン酸に戻る速度より速く乳酸が生成されると乳酸濃度が大きくなっていくため、確かに乳酸がたまっている身体は疲労しているといえます。

私たちの身体は運動中、この3つのエネルギー供給系を組み合わせてATPを作り出し筋肉を収縮させています。例えば50メートル走では(1)の系が優位的に、マラソンでは(3)の系が優位的に働いています。それでは体操のような間欠運動のものはどうでしょうか。

間欠運動とは無酸素運動と有酸素運動を繰り返す運動のことです。バスケットボールやサッカーもこれに当たります。自分が思うに体操は休憩する場面と瞬発性が必要とされる場面が存在し、間欠運動に当てはまると思います。間欠運動は単純にどの系が優位的に働いたのかを判断することが難しい運動です。そこで以下のような実験が行われました。

被験者は
1:(5秒全力+10秒休憩)×20セット
2:(5秒全力+20秒休憩)×20セット
3:(5秒全力+40秒休憩)×20セット
のいずれかの運動を行い、各セットの発揮パワーを記録し、各被験者の最大無酸素パワー(つまり瞬発筋の最大の強さ)、最大酸素摂取量との相関(関係性)を見る、という実験です。

結果として、セット数が多くなるにつれて、最大無酸素パワーと発揮パワーに関係性がみられなくなり、逆に最大酸素摂取量が大きいと発揮パワーも大きいということがわかりました。

この実験が示すことは、間欠運動中のパフォーマンスは最大酸素摂取量に依存するということです。最大酸素摂取量が大きい人は基本的に持久力があると言われるような人ですので、これはつまり持久力がある人が間欠運動において高いパフォーマンスを発揮できるということです。

トレーニング法
トレーニング技法のひとつに、HIITと呼ばれる高強度インターバルトレーニングというものがありまして、高い強度の運動を、休憩をはさんで繰り返すというとても苦しいトレーニングなのですが、短い期間で瞬発力を落とさずに持久力を伸ばすことのできるトレーニングだとして研究が盛んにおこなわれています。
有名なHIITのひとつにタバタプロトコルというものがあります。20秒間の全力運動と10秒の休息を8セット繰り返し、疲労困憊になるというトレーニングで、これを初めて行ったスピードスケート日本代表がオリンピックで優勝するなど、効果が広く認められているトレーニングです。

今日の授業で以上のことを聞いて、いてもたってもいられなくなり、練習後に400mダッシュ+200mウォーキング×5セットをやってみました。400m走る時間が大体1演技時間、跳馬を除いた5種目分という考えで行ったのですが、二度としたくないと思うほど苦しいものでした。しかしきっと体操のためになると思い、できるだけ続けてみようと思います。一人だと心が折れそうなので、どなたか一緒にやりませんか?

余談
人の神経はイメージトレーニングを行っているとき、その運動がその人にとって既知であれば、その運動を行っているときと同じ部位の神経が興奮しているそうです。ですので、知っている運動のイメージトレーニングは運動の定着にとてもよいかもしれません。間違ったイメージを再現しすぎて癖がつく可能性があるので気を付ける必要があるとは思います。
しかし、知らない運動に関してはイメージトレーニングをしても神経は全く興奮しないようです。新しい動きに挑戦する前にイメージトレーニングをすることは無意味ではないと信じたいのですが、とりあえずやってみるのが習得には速いかもしれません。

3年 平林
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM