<< 暑いです | main | 前宙の話 >>

見てますか??

こんにちは。2年の村田です。

昨日のミーティングで、ホームページに毎日100アクセス程あると聞き、ビックリしました。本当ですか?皆さんそんなに見てますか?
ちょっと緊張しながらブログを書くことになりそうです。

さて、非常に悲しいお話ですが、昨日の練習をもって同期の康太郎が東大体操部を辞めることになりました。去年入部した時には9人(フィオナとすずかちゃんを入れれば11人!)もいた同期が5人にまで減ってしまいました。男女比も逆転して、東大にあるまじき様相です。

やっぱり、体操を続けていく上で怪我をしないことってすごく大事ですね。最近、ブリッジ系にハマっているのですが、ちょっと腰が痛いな〜って言うとあやかちゃんにやめなよとすごく言われます。もっともな言い分ですよね。でも、あやかちゃんも膝が悪い時に跳馬したり、腰痛いのにブリッジしてるじゃん!って思って無視しがちです。体操部、そんな人多いですよね。ふなさんも骨折してるのに、痛くないから〜って床に入っていて心配です。誰かの心配をしてるのと同じくらい、誰かに心配をかけているのを自覚して休む判断をした方がいいのでしょうね。

話は変わりますが、どうしても怖いワザってありますよね。私はだんちの後ろ回り、台のおり、床は前宙、それと跳馬が物凄く怖いです。昨日、まりんさんが高台でバクブリをやっているのを見て、私も逃げていてはいけないなと思いました。でも、怖いので、怖くなくなるアドバイスが欲しいです。たくさんの方が見てくださっているブログ、アドバイスを求めるのにちょうどいいかなと思います。よかったら何かアドバイスください!!お願いします!

2年 村田玲子
コメント
怖い技ってありますよね。
例えば平均台の後方ブリッジ、
怖くて手が着けない人の多くは、
軸足から体重が逃げています。

技を解析すると
足に荷重、着手、手に荷重、
足の振り上げと蹴り、倒立で支える、
狙って足を下ろす、押して立つ、
後ろの足のかかとに荷重。

という順なのですが、
手を着くのが怖い人は
着手と手に荷重までの
余裕がない場合が多いように感じます。

まずは平均台ではないところで、
軸足の重心を感じながら、
着手の時に音が出ないようなソフトな
着手が出来るようになると、
安定すると思います。
参考になれば幸いです。
  • 時々お邪魔する人
  • 2019/06/12 4:57 PM
私も怖い技、たくさんあります。
でも、できるようになりたいんだもん!
懲りずに怖い&#8644;できたを繰り返して、できるようになることが多いです。
私のやり方ですが、補助にガッツリついてもらったり、怖くないようにセットを工夫したりして、とにかく"自分ができる"段階から"徐々に"レベルを上げていきます。
私にとっての怖いポイントを補う形に過ぎませんが、
後ろ回り…補助2人→補助1人→独り立ち
側転下り…低台でやりまくる→ガッツリ補助→独り立ち
前宙…補助ありミニトラ→補助ありロイター→補助あり床→ポニョあり独り立ち
跳馬…エバー積みに台上前転→高さ上げ→低い跳馬→女子跳
こんな感じだったと思います。
私で良ければ喜んで補助・お手伝いします。応援してるよ!
  • たえ
  • 2019/06/16 9:48 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM