<< 疲れます。 | main | 銀杏並木が綺麗です >>

学んだこと

 こんにちは。1年の安田です。夏休みが終わってしまい、授業が始まって眠いです。最近は急に寒くなってきたのでちゃんとストレッチなどをしてケガがないように気をつけたいです。
今回は東大体操部に入って学んだことを書きたいと思います。技については、ほとんどが福田コーチや先輩方に教えていただいたことを書くだけになってしまい、つまらないし個性が出ないと思うので技以外のことについて書きます。


 1つ目は7大戦までさかのぼります。私は試合の前日練が嫌いです。前日に慣れない器具で、少し緊張した状態でやらなければいけないので思い通りにできないからです。その上、うまくできなくて何度もやろうとしても、次の日疲れてしまうのでセーブしないといけません。高校までの試合では会場に着いた後、緊張とできないことの負のスパイラルに陥りがちでした。7大戦でも1日目の練習はうまくいきませんでした。でも、練習後ホテルやご飯のときに先輩や同期と体操とは全く関係ない話をすることでその日の気分を忘れることができました。 
しかし、次の日の練習も最初はやはり上手くいきませんでした。特に平均台のロンダートが今までどうやっていたのか分からないくらい怖くなってしまい、側転に変えてしまおうかとも思ったくらいでした。そんなことを考えながら平均台を待っているとすごく上手な方が平均台の練習を始めました。この人はきっとロンダートも余裕なんだろうなーと思いました。自分の番が回ってきたとき、さっきの人になったつもりでやろう、ロンダートなんて簡単だ!と思ってポイントも何も考えずにやってみたところ成功しました。他の種目も上手くいかないときは上手な人になったつもりでやるといい感じでできて、大会をいいコンディションで迎えることができました。
もちろん普段の練習ではポイントをちゃんと考えて練習することが大事だと思います。7大戦で私なりの試合前の過ごし方を学ぶことができたと思います。

 2つ目はさちこさんと2人でだんちの練習をしていたときです。最近は2回アップ的なものをして、3回目に通して、4回目以降はフット移行に費やしていました。その日もそれでやろうとしていたのですが、2人だと早く回ってくるのでさすがにフット移行に飽きました。そこで低バーでの振り出しからの蹴上がりを練習してみたところ、何回目かでできました。そのとき、自分と相性のいい技のよくない技があるから、いろんな技をやってみることが大事だなーと思いました。
私はいつも同じ技をひたすらやりがちです。この間の合宿でも気づくと3時間くらい前宙ばかりしていました。福田さんには100回くらい跳んだ?と言われました。(100回以上跳んだと思います)たまにはそういうことも大事だと思いますが、いろんな技を練習しようと思っています。とはいえ、惜しい技などは次こそはできるかもしれないと思い、続けてやってしまいます。どうすればいいでしょう。


 長々と拙い文章を続けてしまいすいません。もうやめます。
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM