<< 初めまして | main | 早く前後開脚つけたい >>

食パンきらい

初めまして、新入生の小川真生と申します。科類は理科二類、出身は東京の都立西高校です。体操は初心者です。自己紹介ということで、僕の人となりが少しでもお伝えできればと思います。

中学ではバドミントンをしていました。普通の中学生活だったと思います。その後高校に入学し何部に入ろうかなと迷ってるうちに入部期間が過ぎ、受け入れてくれそうな運動部がアメフト部だけになってしまいました。体格的に向いてないことは明らかでしたが、アメフト部の先輩方が授業の合間に僕のところに勧誘にきて、「いろいろなポジションがあるから体が小さくても活躍できるよ!」「きみ筋肉すごいね!」「俺お前にまじで入部してほしい」と言った愛の言葉を囁くのでいい気持ちになってしまい、入部しました。アメフトが経験できるのは自分の人生で今しかないだろうからここはひとつ飛び込んでみようじゃないか、という感じです。

キツかったです。身体が小さいだけでなく運動神経も悪いのでとても苦労しました。最初はキャッチボールを練習するのですが、楕円形のボールの芯がブレないようまっすぐ投げるのが全然できず、キャッチするのも下手でつき指ばかり。足も遅く(身体が小さくても活躍できるという先輩の言葉は”足が速ければ”という条件が省略されたものだった!)タックルの練習ではぶっ飛ばされる毎日です。さらに筋トレや戦術(アサイメント)の記憶などにも苦しめられました。それでもなんとか頑張って迎えた夏合宿。夏の終わりに先輩方の引退をかけた試合が控えているため、普段に比べ量的にも質的にも厳しい練習でした。さらにのしかかってくるのは飯トレ。体重をあげるため無慈悲な量のご飯を朝昼晩食べさせられます。練習→食事→練習の殺人サイクルを数日間続けるとどんな人でも流石にご飯嫌いになると思います。『これは僕にはあまりにもキツすぎる・・・!』。夏合宿が終わり、先輩方の引退試合とともに僕もひっそり退部しました。名残惜しさはありました(ほんとです)。アメフト部の方々は僕を優しく受け入れてくださり、試合の時は猛々しく相手にぶつかっていき、厳しい練習の傍に勉学でも結果を残す尊敬すべき方ばかりでした。練習についていけない自分が悔しく、申し訳ないという気持ちでいっぱいになりましたが、きっぱり辞めて帰宅部に。
これは高校一年の秋までの話です。退部後すぐにバドミントン部に声をかけられて僕の部活動物語第二幕がスタートするわけですが(第三幕まである)長くなるのでまた別の機会にしようと思います。結論だけいうと、自分勝手で周りの方に迷惑をかけた挙句、受験は失敗・・・

大学でのサークル選びは正直悩みました。大まかな選択肢は二つ、バドなどのサークルに入るか体操部に入る、どちらかです。少しお話した通り、高校時代の自分は決めたことをやり通す意思が弱く、部活を四年間も続けられるのか心配はありました。しかしサークルに入ったところで行かなくなってニートな大学生活送ることになるんだろうな、と気づいて決心しました。この決断は正しかったと思います。体操部は明るく優しく向上心のある先輩が多く居心地がとても良いです。アドバイスしあって高め合う雰囲気が好きです。先輩方は初心者の僕に優しく教えてくださり、簡単な技ができるようになると僕以上に喜んでくれます。同期もうまい人が多く刺激を受けます。雰囲気もそうですが何より体操が楽しいです。難しい技が綺麗にできるようになったらどんなに素敵でしょう。これから色々教わって早くできることを増やしたいと思います。至らぬ点も多々あるかと思いますが今後ともよろしくお願いします。



コメント
飯トレで食パンきらいになったの??
  • 食パン好き
  • 2018/06/30 12:15 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM