近況報告と最近思うこと

皆さんこんにちは。一年の薗田です。投稿が遅くなってすいませんでした。七大戦くらいから振り返りたいと思います。
とりあえず、七大戦優勝おめでとうございます。僕は、チムリとして団体メンバーの皆さんと一緒に回らせていただきました。最初の種目の吊り輪では全員が着地が止まり、最高の滑り出しをしました。次の跳馬では豊島先輩がE得点9.1という高得点を出して、むしろ何をどう減点したのか気になる結果でした。平行棒では、中川先輩が完璧な演技をこなして、その直前の演技の落下の穴を完璧に埋めました。鉄棒はそれまでの演技が完璧だっただけに岡元の着地が惜しかったな、という印象です。真下から見ていて、少し狙いに行き過ぎたかな、という感じでした。床まで来ると、選手の皆さんはもう体も完璧に動いて、最後のあん馬もまとまった演技ができていたと思います。今回の東大は個人が強いわけではなく、ほかの選手のミスをすべてほかのメンバーで埋める、というチーム力が光りました。岡元は一年生なのにほぼすべての種目で最終演技者を務めてミスができないという緊張の中でよく頑張ったと思います。お疲れ様!そういえば、この前阪大の練習にお邪魔させていただいたとき、「来年も東大が勝ちます!」と言ってきたので、皆さんでまた一年頑張りましょう!
最近の僕について。やっぱり手首が痛いです。早く治らないかな・・・相変わらず床と跳馬ばっかりしています。床では合宿中に前方ダブルを回せて嬉しかったです。試行錯誤しているうちに首からピットに落ちてしばらく練習できなくなったのは悔しかったですが。跳馬は足の振り上げが修正されて、ツキも入るようになってきたのでそろそろ転回前宙に挑戦したいです。今は転回跳び一回半ひねりがD得点2.2でツカハラと同じだという魅力に魅かれて三校戦までに完璧にして、東大に貢献出来たらな、と思っています。
最近思うこと。この前壊れたミニトラを直しました。やっぱり、体操器具は高いので、一つのものを丁寧に長く使って行きたいと思います。入部して以来、いろんなものを直してきましたが、その時いつも僕が考えるのは、壊れる前よりも丈夫にすることです。一度壊れてしまった部分は、ほかの場所に比べて、弱っているわけですからより頑丈しなければ、次また壊れてしまいます。しかし、今回ミニトラを直すとき、はじめて気にしたことがあります。それはつり合いです。今まで僕が修理していたのは、怪我しないように体を守るための器具や部品だったのですが、今回僕が直したのはミニトラのバネの部分です。この部分には当然人の体重の何倍もの力がかかるわけですから丁寧に直さなければいけません。しかし、もとよりも頑丈にしてしまうと壊れた部分には人の蹴る力がより多くかかってしまうことになります。どうにかして力を逃がさなければなりません。だからと言って、緩めすぎてしまうともとのミニトラよりもはねなくなって、平林先輩に怒られます。色々試行錯誤して、バネ紐の部分の長さを調整したりしながらなんとかいい感じにしました。もっといろいろ考えながら、色々なものを直せるようになれたらいいです。
最後にどうでもいいですが、プロテクターを自分で作ってみたいという欲望に襲われています。よろしければアドバイス下さい!

七大戦&合宿

こんにちは。一年の小川です。七大戦も終わり、いよいよ合宿という中で近況報告をさせていただきます。

初の七大戦は僕にとって初の体操の公式試合でもありました。試合前はなんとか7技揃っている種目が床しかなかったので点数は気にせず思いっきりやろうと決めていました。それでも試合前にはミスったらどうしようと不安になり、豊島先輩に「もしミスったらやり直していいですか」と尋ねたところ「何回でもやり直していいよ」という答えを頂き少し気持ちが楽になりました。

最初の種目はつり輪です。直前の一時間アップでなんとかクーゲルを習得し、7技間に合わせることができた種目です。背面水平がちょっと水平じゃなかったことやダブルスイングが多くなってしまったことなど改善点は多いですが7技揃えることができ満足でした。いいスタートです。が、ここがピークでした笑。続く跳馬では転回を跳びます。普段の練習で跳馬に腰から落ちてしまうことがあり怖さと苦手意識とで緊張していたのですが、先輩や同級生の大塚君の演技をみて励まされ「やったるで!」という気持ちで挑むことができました。が、普段よりまともに跳べはしたものの、気持ちが強すぎたのか勢い余って着地で手をついてしまう結果に。続く平行棒では練習から苦戦していた前振り上がりがうまくいかず、煮え切らない感じ。鉄棒では成功率30%くらいの前回りをなんとか成功させますが、降り技なしでただ降りるだけのところ着地の時に少し乱れてしまい、動揺してキャプテン下田さんに目で助けを求め、着地の足を動かさず上半身だけ審判に向けて礼をするという挙動不審具合を発揮してしまいました。続く床では僕がトップバッターでとても緊張しました。倒立移行がうまくいかず、もう一回やってみましたがこれも失敗。頭真っ白になりそうでしたがここで豊島先輩の言葉を思い出し、「よし、ここまできたらできるまでやろう!」と計4回挑戦しました。全部失敗でした笑。バク転や前宙も上手くいかず恥ずかしい演技でしたが、終わった時は正直ホッとしました。その後の先輩や大塚君の演技をみて改めてその凄さに気付かされ、自分と比較した時の恥ずかしさと、こんな風になれたらという憧れを同時に感じました。最後のあん馬はダブルスイングが多いのにセアが小さかったりと課題は多いものの、最終種目で、しかも床のあとだったのでだいぶ吹っ切れており、自分的には満足のいく演技ができたと思います。

二日目は女子と男子団体の演技です。女子の先輩は普段あんなに優しいのに試合では強く頼もしい姿で演技をしていて驚きました。思えば普段の練習では自分のことで精一杯で女子の種目や女子の先輩の練習しているところをあまりよく見ていなかったので、試合を見て初めてその凄さに圧倒されました。同級生の安田さんはもちろん、初心者の村田さんも堂々と演技していて見ていて誇らしい気持ちになりました。
男子団体は自分の補助役員の仕事の関係で床以外はあまり見れませんでしたが床は他大学に負けず素晴らしい演技でした。去年は団体3位ということを聞いていたので優勝と聞き驚きました。団体メンバーの皆さんの努力と団結の結果が今回の大勝につながったと思います。同級生の岡本くんも勝利に貢献していて頼もしいです。来年も優勝するぞ、という部内の雰囲気もできとても素敵です。優勝の喜びと同時に四年生の先輩方が引退されてしまうのがとても悲しかったです。僕の中で大きな存在だったので。。幸い、引退後もよくトレタイにきてくださるので嬉しいです。

と、駆け足で振り返りましたがやはり先輩方や頼もしい同期と比べると自分の未熟さが目立ちます。先輩方は「一年後自分の演技見直して笑えるようになってるよ!」と励ましてくださいました。一年後笑えるように成長したいと思います。合宿が始まりますが、七大戦の反省をもとにレベルアップできるといいです。ピットなどがあるということで新技に怖がらず挑戦しようと思います。平行棒の降りやロン宙など習得して帰りたいですね。あ、あと怪我もしないようにしたいです。

短いですがこれで終わります。更新遅れて申し訳ありませんでした。

七大戦とこれから

こんにちは、1年の岡元慎吾です。
更新遅れてしまいすみません。

もう8月も終わり、9月になってしまいました。もうすぐ学校が始まってしまうと思うと悲しいです。

8月には、北海道で、僕は大学に入ってから初めて&一年ぶりの大会となる、七大戦がありました。
僕は団体のメンバーに入れていただけたので、皆で優勝を目指して練習しました。
試合が終わるまでは、自分がミスをして団体の点数を下げてしまうかもしれないという不安からとても緊張していましたが、演技ではみんなで必死に応援しあい、団体として無事に6種目終えることができ、とても楽しく、感動的な時間を過ごすことが出来ました。また、団体戦の楽しさを深く感じました。
応援してくださった方々、ありがとうございました。m(_ _)m

さて、試合も終わり、改めて感じたのは、僕が何も新しい技を手に入れていないということです。いつも練習では、なるべく多くの種目に入ろうとして、自分の出来る技ばかりをやるだけで種目を終えてしまうことが多かったです。これを続けても、技が多少磨かれるだけで、技は増えないなと思いました。(当たり前で前から気づいていたことではあったのですが)
ですから、試合も終わったことですし、これからの練習はなるべく技の練習に時間をかけようと思いました。種目が少なくなってもいいから諦めずに新しい技の習得に取り組もうと思います。そうは言っても新しい技の習得は本当に難しく時間と努力と諦めない心が必要なので簡単には出来ないのですが、、、
ということで、多くの人にアドバイスをいただきながら頑張ろうと思います。

下手な文章で申し訳ないです。ありがとうございました。

岡元慎吾
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM